AGAの病院を探そう

少しでも治療費を安くしたいなら

保険適用外ということから、AGAの治療を躊躇している人はたくさんいます。そんな人は、医療費控除を利用してみてください。これはAGAの治療以外で活用したことがあるという人もいると思いますが、AGAの治療でも使えます。
医療費控除とはどういうものなのかというと、1年間で10万円以上の医療費が発生した場合は、その医療費総額から10万円を引いた分の1割が還元されるというものです。実際に計算してみると、仮に20万円の医療費がかかってしまった場合、20万-10万の1/10ということで1万円が還元されます。
微々たるものだと思うかもしれませんが、一切戻ってこないことと比べたら大違いです。少しでも負担を減らしたいというのであれば、この方法は知っておいて損はありません。ちなみに年間所得が200万円以下の人の場合は、10万円の部分が所得の5%ととなります。年収180万円の人だと9万円になるというわけです。
条件を満たしているのであれば、医療費控除は積極的に活用していくべきです。これはAGAの治療以外でかかった費用も対象となるので、それらを合算して計算します。何としてもAGA治療を受けたいけど、少しでも負担を軽くしたいというのであれば覚えておきましょう。